【群馬旅行】

ここでは、「【群馬旅行】」 に関する記事を紹介しています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4日間の旅行は知らず知らず過ごしました、今日は親を連れて台湾に帰ります。ちょっと寂しい思いをしていたけど、12月22日にまた日本に来るから、そんなに悲しくないと思いました。今日は笑顔で彼氏の家族にさようならって言うことにしました。

朝ごはんを食べてから、歩夢が親と私を連れて群馬県にある有名な観光地の高崎白衣大観音へ行きました。

丘の頂上に立つ白衣観音像は、市内の実業家井上保三郎氏が昭和九(1934)年の陸軍特別大演習の際、昭和天皇に単独で拝謁できたことを機に、観光都市高崎の建設・陸軍十五連隊戦死者の慰霊・社会の平安などを祈願して建立したものです。

像の原型は、鋳金工芸家森村酉三氏が制作し、完成した原型を池袋にあったアトリエから、日本橋の井上工業東京支店まで自転車で運んだのが、当時井上工業に入社して間もない田中角栄元首相であったという逸話が残っています。

2年余りの歳月をかけて、高さ41.8m、重さ5.985tの鉄筋コンクリート製としては日本一の大観音像が完成しました。

20091230_dennounews_tapiokaCIMG5481.jpg

昭和11(1936)年開眼供養が行われ、それ以来私たち高崎市民を暖かく見守り続けているのです。

観音山という名前の由来は、この白衣大観音にあると思われている方が多いのですが、実際はこの丘に平安時代初期に建立された清水寺が、本尊に千手観音をまつっていたことに由来しているようです。

20091230_dennounews_tapiokaCIMG5492.jpg

本当に高いなあ!私が小さくなりました。私も縁結び御籤を引きました、大吉って書いてあるから、すごく嬉しかったです。もっと大切にしないといけません!

恋の歌~、純情を捧げた愛の結ばれて 花咲く春を今待つばかり~

20091230_dennounews_tapiokaCIMG5486.jpg

いろいろ綺麗な写真を撮ってから、もう一回歩夢の家に帰りました。ご両親とすこし喋って、お互いにさようならって言ってから、歩夢に車で高崎駅まで乗せてもらいました。私はバスの中に座って、窓の外に立っていた歩夢をじっと見ていました。涙がもう少しで出てくるところでした。

彼も私のバスが離れるまでずっと見てくれました。家の父と母もずっと歩夢を見ていました、ちょっと寂しかったです。今度の旅行は短かったけれども、幸せで、楽しかったです。また22日に会いましょう。

20091230_dennounews_tapiokaCIMG5500.jpg

11/23東京成田空港第一ターミナル 1900 NH 1083
スポンサーサイト

関連タグ : 群馬旅行, 高崎市, 観音山, おみくじ, 台湾人,

 三日目の朝、歩夢と二人きりで、ホテルの近くを散歩しました。朝は本当に寒かったから、私は左手を歩夢のポケットに入れて、すぐ温かくなりました。これだけで幸せな思いをしましたよ。私たちは国際恋愛なので、一緒に居られる機会が少ないから、居られると、もっと幸せに過ごしたいんです。私はこの平凡な幸せを大切にしました。

朝の風景は美しいといったらなかった~。

20091230_dennounews_tapioka2009 11 22 015

20091230_dennounews_tapioka2009 11 22 013

20091230_dennounews_tapiokaCIMG5417.jpg

 朝食を済ませてから、チェックアウトしました。日本は連休だから、ホテルの宿泊費が本当に高かったです。本当にすまないと思いました。日本で遊ぶのは海外旅行より高いってよく言われています。今回実感できました。ありがとうございます。お父さん、お母さん、歩夢さん。
                  
 それから、浅間山火山博物館へ行きました。

20091230_dennounews_tapioka2009 11 22 032

20091230_dennounews_tapioka2009 11 22 022

鬼押出し・浅間園『浅間火山博物館』は、浅間高原最大の景勝地、「鬼押出し」の中にあります。昭和42年(1967年)開設当時、火山を紹介する博物館はめずらしく、画期的であると注目されました。そして、平成5年(1993年)には博物館を新設して、展示内容も学問の進歩を考慮に入れた最先端の技術を取り入れて一新し、全面リニューアルオープンしました。また、火山博物館から鬼押出し内の自然遊歩道(自然研究コース)に出れば、溶岩の中にも高山植物が咲き乱れる大自然のふしぎを、楽しく遊びながら学ぶことができます。

20091230_dennounews_tapioka2009 11 22 038

博物館の中はすごく寒かったけど、いろいろ珍しいものが体験できて、嬉しかったです。家のお父さんとお母さんも楽しそうで、よかったです。

 いよいよ家へ帰ります。軽井沢は浅間山から近いので、道も混んでいました。でも道沿い綺麗な紅葉が見れ得した気分です。ちなみに、歩夢は本当に優しいです。私は写真が撮りたい時スピードを落としてくれて、私に撮らせました。そして、今何処にいるかもいろいろ紹介してくれました。心より感動しました。

20091230_dennounews_tapiokaCIMG5464.jpg

20091230_dennounews_tapiokaCIMG5466.jpg

  妙義山~群馬県西部にある山峰群。火砕岩、溶岩からなる。最高峰は相馬岳。侵食が進み、奇岩、怪石、絶壁に富む。上毛三山の一。「上毛三山(じょうもうさんざん)~赤城山(あかぎやま)榛名山(はるなさん)、妙義山(みょうぎさん)」私は梟が好きだから、いつも歩夢に撮ってもらって、嬉しいです。この写真はいつ撮ったか本当に分からなかったけど、嬉しかったです~

20091230_dennounews_tapioka2009 11 22 040

 午後三時ごろ家に帰ってきて、家のお父さんとお母さんと歩夢が家で休んでいて、彼氏のお父さんとお母さんに車で乗せてもらって、高崎市にあるデパートへ、いろいろお土産を買ってもらいました。台湾の上司、先生はもとより、私にもいろいろ買ってくれました。またすまない気持ちいっぱいでした・・・。

私はお父さんとお母さんの手を繋いだら、自分の両親のように感じました。本当に嬉しかったです。歩夢の弟さんはもう結婚していまして、他のところに住んでいますから、来年日本へ行ったら、もっと頑張りたいと思います。できるだけ、彼氏の両親の側にいてあげて、親孝行したいんです。人と人との付き合いは心だけです。彼氏の両親のことがとても好きです。そして来年も歩夢と結婚する予定だから、もっと頑張らないといけません。幸せな家が欲しいですから。。

関連タグ : 群馬旅行, 草津温泉, デート, 浅間山, 紅葉, 台湾人,

翌日、朝起きたら、彼氏のお母さんは朝食を用意してくれました。台湾で本格的な日本料理店で日本料理を食べると高いから、食べたくてもあまり行けません。今回、日本でたくさん美味しい日本料理が食べられて、泣きたいほど嬉しかったです。

これから、彼のお母さんを見習わないといけません。お母さんが作った手料理の写真を撮ったのを忘れてしまって本当に悔しいんです。

朝ご飯を食べてから、両親を連れて彼と犬のケイスケと近くの公園を散歩しました。家の畑でたくさん野菜を植えています。キャベツ、トマト、葱、ほうれん草、いろいろあって本当に綺麗です。両親は台湾でも野菜を植えていますので、すごく興味があって楽しそうに見ていました。

20091230_dennounews_tapiokaCIMG5352.jpg

今回も綺麗な紅葉が見られて、嬉しかったです。近くの景色も綺麗ですし、将来ここに住むことができるなんて、信じられませんでした。

20091230_dennounews_tapiokaCIMG5353.jpg

20091230_dennounews_tapiokaCIMG5366.jpg


散策してから、群馬県にある自然史博物館へ行きました。日本で彼の助手席に座れるなんて、また信じられません。でも、歩夢は運転するのが上手なので全然車酔いになりませんでした。

自然史博物館に恐竜(きょうりゅう)、山椒魚(さんしょううお)、鼯鼠(ももんが)、蝙蝠(こうもり)、蟻食(ありくい)、猩猩(ゴリラ)、月の輪熊(つきのわぐま)、白鼻心(はくびしん)、河馬(かば)、梟(ふくろう)、鷹(たか)、ラッコ...いろんな動物があり、面白かったです。両親も楽しそうだから、本当に良かったです。

代表的に恐竜の写真を載せます。笑

20091230_dennounews_tapiokaCIMG5390.jpg

20091230_dennounews_tapiokaCIMG5379.jpg

この知らない人に驚きました。↓突然話しましたから..

20091230_dennounews_tapiokaCIMG5389.jpg

自然史博物館を見学してから、彼氏のお父さんとお母さんと合流して、群馬県で人気があり有名な温泉地 草津温泉へ行きました。日本語が下手なので中国語で紹介します。日本語の紹介は歩夢のブログを見ていただきたいんです。汐月歩夢さんのblog 電脳ニュース瓦版    

20091230_dennounews_tapioka2009 11 22 042

20091230_dennounews_tapiokaCIMG5406.jpg
             
草津市位於群馬縣西北部的白根山東南麓,約一百二十年前,一位來自國的醫生貝爾茨,發現了草津溫泉有卓越的治療功能,從此草津溫泉便名聲大振。因其出水點和功效的不同,草津溫泉共有十八處公共浴場,幾乎全部都是二十四小時開放。

草津溫泉湯畑前面有一個叫「熱の湯」的地方,是草津溫泉相當有名的一個表演溫泉舞(湯もみと踊り)。

草津溫泉的溫泉量為日本第一,每分鐘自然湧出的量高達32,300公升。溫泉的溫度約在50~90度左右,也是日本第一的高溫。為了使溫泉的溫度降低,當 地人不添加冷水,而是以七根導水管自然冷卻。但以前是靠人工降低的,這個降低溫泉溫度的工作被稱為「揉湯」(日文:湯もみ),從事此工作的人們邊唱著草津 溫泉獨特的歌,邊用木板攪拌溫泉水。如今揉湯成為草津溫泉的特色之一「拌湯秀」,現在也有針對觀光客表演。表演時間為上午10時、10時30分、11時(一天只有3場公演)。(彼氏の両親にチケットを買ってもらって、みんなで観ました。日本のお母さん、ありがとうございました。)

20091230_dennounews_tapioka2009 11 22 063

20091230_dennounews_tapioka2009 11 22 064


表演內容為把溫泉水用木板弄涼與歌唱+跳舞,觀眾也可以去參與表演,參與的觀眾還有紀念品可以拿喔!我和爸媽和步夢都下去玩,真的很好玩~也得到紀念毛巾喔!

ホテルの晩御飯は豪華すぎたので心配しました。だって日本のお米は台湾より美味しかったので、たくさん食べたので、台湾に帰ったら、きっと太ったと言われると覚悟しました。

20091230_dennounews_tapioka2009 11 22 067


今日もおかげさまで、楽しい一日でしたよ。


関連タグ : 群馬旅行, 草津温泉, デート, 富岡自然史博物館, 両親, 台湾人,

11月20日から23日は日本の連休だから、両親を連れて日本へ遊びに行ってきました。実は今回の旅行は彼の家族に会うためでした。

11月20日朝 台湾の時間で6時ごろ兄に乗せてもらって空港まで行きました。台湾で日本語のガイドと日本語の添乗員の免許を持っているけれど経験がまだないんです。今回両親を連れて日本へ行ったのは初めて。本当に思いも寄らなかったです。(^∇^)

出発 台北桃園 第二ターミナル 0845 NH 1084 全日空航空

父は頑固な方だから、今度の旅行は日本語が全然話せなくて、もう少しで、“行かない”と言い出すところでした。でも、私の心はもう決まっていました。両親のためにたくさん写真を撮ってあげることにしました。喜んでもらいたかったからです。実は4日間の旅行中、父は楽しんでいっぱい笑っていました。本当に良かったです。

日本に到着して、14時55分の京成バスに乗りかえて、3時間かかって、18時10分ぐらいに高崎駅東口に着きました。台湾の携帯を持っていたけれど、携帯電話の機種は3Gじゃなかったから使えませんでした。焦っていたら前の席に座っている中国人が携帯を貸してくれて本当に助かりました。早速、彼氏のお父さんに電話をしたら、もう駅で待っていてくれました。中国人の方に感謝しました

たぶん彼氏のお父さんは私の写真を見たことがあるので、私を見たとたん、「瑠沙~★」って呼んでくれました。びっくりしたけれど、嬉しかったです。車で15分ぐらいで彼氏の家に着きました。初めて日本人の家に入ったから、ちょっと心細かったです。台湾で日本の番組しか見えない家は目の前にして本当に信じられませんでした。笑

19時半に彼の歩夢も仕事が終わって家に帰りました。今年5月と9月に台湾に来たけど、日本で歩夢を見られて、なんだか、不思議な思いをしました。“彼氏は本当に日本人だ”って、信じることができました

彼氏のお母さんにいろいろ日本料理を用意していただいて、心をこめて感謝しました。私はもともと日本料理が好きだから、本当に嬉しかったです。お寿司、お握り、刺し身、味噌汁、新鮮な野菜、美味しい林檎。お腹が空いてよかった、いっぱい食べてしまいました。父と母と私は本当に悪いと思いました。父もいっぱいお酒を飲みました。

”ご馳走様でした。どうもありがとうございました~”

私は皆に下手な日本語で通訳してあげたから、ちょっと大変だったけれど、楽しかったです。

2ヶ月ぶりに歩夢と会ったから、嬉しくて夜もいっぱい話しました。
歩夢と家族のおかげで、楽しい一日でした。

関連タグ : 海外旅行, 日本訪問, 群馬県, 高崎市, 台湾人, 交際, 遠距離恋愛,

日本の3連休に合わせて、親を連れて日本の彼 汐月歩夢さんの家族を訪ねてきました。この間、本当にいろいろお世話になりました。旅行前は心配しましたが、両親がすごく喜んでいました。ずっと心配していた私も安心しました。

これは全部、歩夢さんの家族と歩夢さんのおかげです。本当に心から感謝です。

彼も家族もみんな優しくしてくれました。両親は私を連れて高崎市にあるスズランデパートへ行って、いろいろお土産を買ってくれました。持ちきれないほどですから、『ありがとう』といっぱい感謝を言いました。荷物が多すぎて、家に帰ってきたら、片付けようにもどれから手をつけていいかわかりませんでした。

ブログにも書きたいことがいっぱいあったけれど疲れました。また少しずつ書きます。でも、やっぱり実際に日本の方と喋るのは緊張するので苦手。今回の旅行はおかしい日本語ばかりで喋っていました。思い返すと恥ずかしい。もっと勉強しないといけません。ブログにも日本語で頑張って書き続けたいと思っています。自分も特訓しないと.....
  
12月またお願いしますね~。お父さん、お母さん、歩夢さん... 本当にありがとうございました。謝謝!

初出:2009年11月24日 FC2台湾版にて掲載した文章を再録

関連タグ : 群馬県, 日本旅行, 高崎市, 両親との会話, 台湾人, 交際, ,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。