瑠沙料理教室 【にら生姜ぱりぱり焼き餃子】 簡単レシピ

ここでは、「瑠沙料理教室 【にら生姜ぱりぱり焼き餃子】 簡単レシピ」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
IMG_2645.jpg

お父さんは膵臓癌という病症が分かってから、もう一ヶ月経ちました。

たくさんの親戚がわざわざお父さんのお見舞いに来ました。来るたびに、お父さんはきっと私に【美味しい餃子をみんなに作ってあげたら、喜んでくれるよ】って言います。

【もちろんです。是非作りたいですよ。】

茹でた水餃子をよくしているけど、焼き餃子は逆にあまり作りませんでした。最近味を変えて、焼き餃子を焼いたら、やっぱり評判は茹でた餃子よりよかったです。

他のひとつ驚いたことに、日本人にとって、餃子って主食ではなく、おかずですね。それは台湾人と違います。台湾人は餃子を食べると、もうご飯を食べないから。

そして、台湾の麺屋さんに茹でる餃子のほうが多いです。焼き餃子は屋台のほうが多いです。文化の違いも面白いです。

日本人は焼き餃子のほうが好きなようで、きょうレシピを書いたから、興味があったら、家で焼いて、食べてみてくださいね。

餃子の羽(←この単語はお父さんに教えてもらったの)はぱりぱりと美味しかったですよ。

【にら生姜ぱりぱり焼き餃子】18枚
free culinary arts web counter
Powered by culinarydegree.info .
材料
1.豚挽肉 150g
2.にら 1束
3.ねぎ
4.生姜 大さじ1
5.餃子の皮 18枚(大判)
6.片栗粉 大さじ1
7.水 大さじ2
8.サラダ油 大さじ1
 
調味料
1.醤油 大さじ1.5
2.胡麻油 小さじ1
3.胡椒、黒胡椒 適宜


作り方
1.挽肉をボウルに入れ、みじんに切った生姜大さじ1、ねぎ大さじ1、水大さじ2を加え、よくかき混ぜる。
2.みじんに切ったにらを入れ、調味料を加えて、粘りが出るまでよくかき混ぜる。
3.もう一回ねぎを加えたら、包み始められる。
IMG_2682.jpg
4.フライパンにサラダ油大さじ1を入れ、餃子を並べ、蓋をして、5分焼く。
IMG_2627.jpg

5.反面も蓋をして、5分焼く。

6.片栗粉、水を混ぜ、加える。蓋をして、弱火で焼いたら、お皿に反面にして移す。
IMG_2628.jpg

IMG_2629.jpg

もう一回10個焼いても綺麗でした。いただきます!
IMG_2648.jpg

IMG_2683.jpg

家族は醤油+ラー油を混ぜ、つけて食べました。今回は片栗粉で焼いたけど、今度小麦粉で焼いてみたいです。


中国語訳文

【韭菜生薑脆皮煎餃】18個

材料
1.豬絞肉 150g
2.韭菜 1束
3.蔥
4.生薑 1大匙
5.餃子皮 18張
6.太白粉 1大匙
7.水 2大匙
8.沙拉油 1大匙
 
調味料
1.醬油 1.5大匙
2.芝麻油 1小匙
3.胡椒、黒胡椒 適量

做法
1.豬絞肉放入盆裡.切碎的生薑.蔥各1大匙.水2大匙加入攪拌均勻。
2.加入切碎的韭菜及調味料攪拌至有黏性。
3.再加一次蔥後就可包了。
4.平底鍋加1大匙油.排上水餃蓋上蓋子煎5分鐘。
5.翻過來蓋上蓋子煎5分鐘。
6.太白粉.水混和後加入.蓋上蓋子小火再煎5分鐘即可.翻面移到盤子上。

free culinary arts web counter
Powered by culinarydegree.info .
関連記事
スポンサーサイト

関連タグ : 台湾, 餃子, 焼き餃子, 水餃子, キャベツ餃子, にら餃子, にら, 挽肉, 生姜, レシピ,

コメント
この記事へのコメント
今晩は。
日本では焼き餃子、鍋貼のほうが
一般的ですね!

上手に焼けてますよね。焼き方も今度書いてください!

医療通訳を教えてるんでしょうか、習っているんでしょうか?
どちらにしても大変ですね!
加油!
2010/12/03(金) 22:04 | URL | 圧巻兵衛 #-[ 編集]
瑠沙さん

こんばんは。
先週は僕のブログでも書きましたが、
4日間東京・千葉に出張してたから
なかなかお邪魔出来ませんでした。

うちでもたまに餃子を作りますが、
具が水っぽいせいか、たくさん作って
皿に置いとくと、決まって皮が柔らかく
なってしまって、焼くときに箸で
掴むと破れてしまったりします(*_*)

何か上手い作るコツとかあれば、
是非教えて下さいね。
2010/12/05(日) 23:01 | URL | たろ #-[ 編集]
たろさん、こんにちは。

出張お疲れ様でした。

具が水っぽいせいかっていう問題は、
『瑠沙料理教室 【水餃子】を美味しくしましょう 簡単レシピ


http://ryuusasiotuki.blog109.fc2.com/blog-entry-177.html

を参考してくださいね。切ったキャベツはビニールに入れ、よく水を切ったら、また挽肉とかき混ぜると大丈夫でしょう。

にらだったら、水分が少ないから、直接に挽肉とかき混ぜても大丈夫です。


ポイント--全部ちゃんと混ぜてから、冷蔵庫に入れ、30分ぐらい置いたら、硬くなるから、包みやすくなりますよ。


皿に置いとくと、決まって皮が柔らかくなってしまって、っていう問題は皿の上にキッチンペーパーを敷いてみたら?これは絶対粘りません。

全部食べ切れなかったら、皿と一緒にそのままで冷凍庫に入れ、凍らせたらまたビニールに入れ、長く保存できるし、食べたくなったら、すぐ食べられますよ。私はいつもそうしています。

私のカテゴリの【御飯、麺類レシピ】 にいっぱいワンタン、水餃子のレシピを書いてあるから、ゆっくり参考してくださいね。成功したら、また教えてください。

他の問題があったら、遠慮なくいつでも聞いてください。

では。


2010/12/06(月) 15:44 | URL | 瑠沙 #SFo5/nok[ 編集]
瑠沙さん

こんばんはっ!

詳しく解説ありがとうございました。
なるほどね、今度作るときは
是非試してみたいと思います。

これからも宜しくね<(_ _)>
2010/12/06(月) 20:01 | URL | たろ #-[ 編集]
たろさん、こんばんは。

<(_ _)>

↑面白かったです。(・w・)

日本人はみんな餃子が大好きだからね、よく知っています。私は台湾人なので、料理が下手でも、小さい頃から食べてきたし、お母さんもよく作っているから、少しでも分かっています。

成功に包んだら、また教えてくださいね。もちろん、失敗しても聞いてくださいね。笑

こちらこそよろしくお願いします。
 
2010/12/06(月) 22:15 | URL | 瑠沙 #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryuusasiotuki.blog109.fc2.com/tb.php/491-4285d763
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。