【お父さんの膵臓癌の闘病日記】 5/13 驚いて悲しい朝でした

ここでは、「【お父さんの膵臓癌の闘病日記】 5/13 驚いて悲しい朝でした」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝、5時50分、お父さんは突然私と旦那さんの部屋のドアを開けて、吃驚しました。これは私が日本に来てから、初めてのことでした。

私はすぐ起きて、お母さんに『お母さん、先お父さんはどうしましたか?』と聞いたら、お母さんは『トイレがどこにあるか忘れちゃった。』と言いました。

へ??

毎週の金曜日に、お父さんは病院に通って、薬を変えに行きます。先週の金曜日に病院から帰ってきたら、毎日調子があまりよくなくなりました。昨夜、私はお父さんに『明日、一緒に病院に行きますか?』と聞いたら、お父さんは『まだいいよ、家で勉強してくれ、頑張ってね。』と言ったのに・・

6時ごろ、お父さんは起きて、自分の椅子に座って、朝食を食べる時に、手が凄く震えていました。両眼も変になりました。額に汗がかいて、涙、鼻水も出てきました。手が震えているから、箸をちゃんと持てなくて、ずっと落ちてしまいました。お母さん、旦那さんはずっとお父さんにたくさんの問題を聞いたら、お父さんは『何を?何が?分からない。。』しか言いませんでした。

お母さんは歩夢さんに指して、『そちらは誰ですか?』とお父さんに聞いたら、『歩夢。』と答えました。私はすぐお父さんに『お父さん、私は?』と聞いたら、お父さんは『瑠沙ちゃんだよ。。。ごめんね。。。』と言いました。

『よかったですね。嬉しいです!お父さん、しっかりしていてくださいね。』私は泣きたいけど、お母さんのために、我慢しました。

お父さんは子供のように、こっくりと頷きました(うなずきました)。

実は私はもう我慢できず、涙が出てきそうだから、すぐ部屋に入りました。どうして『ごめんね。』と言いましたか?ごめんねって言わないでください!お父さん。

お父さんは膵臓癌になったてから、いつも自分は家族に迷惑をかけると思ったから、すまなく思っているかもしれません。:

本当に私はぜんぜん大変だと思ったことはありません。

お父さんはいくら忘れても、私たちの事をきっと忘れないでしょう。

隣の叔父さんは家に来て、お父さんの状況を見たら、『瑠沙ちゃん、大変だけど、頑張ってね。』叔父さんも優しくしてくれています。

旦那さんは不安な気持ちを持って、仕事に行きました。出かける前も私の頭を触って、『お父さんのことをお願いね、すみません。ありがとうね。』と私に言いました。昨日ちょうどこの画面を夢の中に出ました。兆しがあるのかしら?

お母さんは会社を休んで、お父さんを乗せて病院に行きました。よかったです。

7時ぐらい、お父さんはだんだん覚えてきました。でも朝のことをぜんぶ忘れてしまいました。お父さんは笑いながら、旦那さんに『先に、三途の川に行ったよ、でもまだいいよって言われたから、帰ってきた。』と冗談を言いました。皆思わず笑ってしまいました。どんなに優しいお父さんのことか!

癌の薬は強いから、副作用も強いです。特別にすい臓がんの患者は癌を発見したら、もうどうしようもない状態になるそうです。今のお父さんは毎晩汗がいっぱいかいているから、すごく大変そうです。お父さんは去年の11月5日に癌を発見してから、もう半年過ぎました。半年以来、すごく頑張って、生きてきました。自分の墓も自分で探しておいたし、葬儀のこともちゃんと読んで、また私たちに言いました。家に壊れそうなものや、壊れかけのものなどを全部直してもらいました。お母さんのためにいろいろも用意してあげました。もちろん、旦那さんと私にもいろいろ教えてくれました。そして、私に運転を教えてくれました。。。そんなにいい人がどうして癌に罹ったのでしょうか?とても悔しいです。

この半年、私も頑張ってお父さんが好きな食べものを作ってあげて、去年のクリスマス、今年のお父さんの誕生日にも心をこめて、お祝いをしてあげました。お父さんもすごく嬉しかったです、本当によかったです。

朝、お母さんに髪の毛を編んであげているときに、お母さんは『もしお父さんが亡くなったら、笑ってね。』と私に言いました。

私は答えられません。きっと我慢できず、たくさん泣くと思いますから。日本に来てから、お父さんは私を娘のように優しくしてくれるし、私が日本語が分からない時にも詳しく説明してくれました。そんなに優しいお父さんはどこで探せるのかしら?お父さんこそ私を離れたくないはずだと思います。もちろん、私もお父さんを離れたくないです。

旦那さんに『来世、早めに私を探してね、また優しいお父さんのお嫁さんになりたいから。』と言ったら、旦那さんもすぐ『はい、探すよ。』と言いました。

お父さん、頑張ってね、皆毎日お父さんのご健康を祈っていますから!

今日血糖値がすごく高い父さんのために、砂糖を入れない営養のパンを焼きました。これはドイツ人よく食べている食パンです。サンドイッチに一番似合うけど、今日はそのままに食べてしまいました。

『ドイツ黒ごまの全粒パン』(國鄉村芝麻全麥麵包)
IMG_1463.jpg

www.graphicdesignschooldirectory.com
graphic design schools
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
朝からこの記事を読んで、胸が締め付けられそうになりました。

一日も早くお義父さんの容態がよくなるように
お祈りをしていますね。
2011/05/14(土) 06:29 | URL | たろ #-[ 編集]
たろさん、こんばんは。
本当にありがとうございます。
お父さんの顔色がよくないけど、いつもにこにこしていますよ。出来るだけ、お父さんに毎日笑わせたいと望んでいます。
2011/05/14(土) 21:25 | URL | 汐月★瑠沙 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryuusasiotuki.blog109.fc2.com/tb.php/720-f5552a74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。