【日本語漢字検定試験準1級 四字熟語編 備忘録】 (十)

ここでは、「【日本語漢字検定試験準1級 四字熟語編 備忘録】 (十)」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本語漢字検定試験準1級 四字熟語編 【Ⅹ】

中国語意味の訳文 『汐月瑠沙』


1.長汀曲浦(ちょうていきょくほ) 曲がりくねって、長く続いている海浜。 『曲折蜿蜒的海岸線』

2.不惜身命(ふしゃくしんみょう) 仏の教えを修めるためには自分の身も命も捧げて惜しまないこと。転じて、国や主君などのために、体や命を惜しまないで尽くすこと。 『指為了修行不惜犧牲自己的生命也在所不惜.轉而言之.是指為了國家或君主盡全力.不惜犧牲生命也在所不惜』

3.剃髪落飾(ていはつらくしょく) 俗世を捨てて仏門に入る。 『捨凡界進入佛門.削髮為尼』

4.旧套墨守(きゅうとうぼくしゅ) 古臭い形式や方法に拘って、融通がきかないこと。 『拘泥於老舊的形式和方法而無法變通.墨守成規』

5.画虎類狗(がこるいく)画才のないものが、虎の絵を描こうとしても犬のようになってしまうという意。転じて、才能のないものが手本を真似ても、似て非なるものになってしまうということ。 『指沒有畫畫才能的人.即使想畫老虎也會變的像畫狗一樣.轉而比喻指沒有才能的人.即使想要模仿範本.也會變的似是而非』

6.甲論乙駁(こうろんおつばく)意見のやりとり。 『甲說這樣.乙一定提出反對意見. 指各有各的意見.整合不了』

7.紫電一閃(しでんいっせん) 極めて短い時間 『極為短的時間.形容事情急據地變化』

8.粗酒粗餐(そしゅそさん)粗末な酒と粗末な食事。他人にご馳走する時の謙称として用いられることが多い。 『粗茶淡飯.在這裡指招待他人吃飯時自謙的語言』

9.不倶戴天(ふぐたいてん) 特定の人を激しく恨み憎む。 『比喻對某人存著相當深的恨意』

10.焚書坑儒(ふんしょこうじゅ) 言論、思想、学問などを弾圧すること。書物を焼いて儒学者を穴埋めにする意から。 『彈壓言論思想學問等等的政策』

1-10の中に、台湾の成語にも同じ意味があるのは・・
①不惜身命(不惜身命)
②旧套墨守(墨守成規)
③粗酒粗餐(粗酒粗餐)
④不倶戴天(不俱戴天)
⑤焚書坑儒(焚書坑儒)



free culinary arts web counter
Powered by culinarydegree.info .

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryuusasiotuki.blog109.fc2.com/tb.php/754-723ab78e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。