【お父さんの膵臓癌の闘病日記】 お父さんの通夜、告別式が無事に終わりました

ここでは、「【お父さんの膵臓癌の闘病日記】 お父さんの通夜、告別式が無事に終わりました」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
IMG_title2509.jpg

お父さんの通夜(9月5日)、葬儀、告別式(9月6日)が無事に終わりました。

沢山泣きました。。そんなに優しいお父さんがもう骨になったとは今でも信じられません。

お母さん、弟さん、叔父さん、叔母さんをはじめ、親戚はみんな悲しかったです。

この一年半の間に、私がお父さんへ贈ったカードを全部一緒に焼きました。いつまでもお父さんと一緒にいられますから。

お父さんの通夜、葬儀、告別式の祭壇の前に、私が作った団子とご飯を置きました。お父さんは生きていた時に、私の料理が大好きでした。亡くなってもこれで私の手料理を食べられます。考える度に、悲しくて泣きたくなります。

最近お母さんと一緒にお父さんの遺品を処理しているところです。お母さんは目がよくないから、私が手続きなどを手伝ってあげました。お母さんも私に感謝の気持ちを伝えました。

外国人の私は日本の葬式をよく分かりませんでした。旦那さんとお母さんの傍に立って見様見真似で頑張りました。ちゃんと正座していましたから、腰と足がすごく痛いです。

でもこのような痛さはお父さんの痛さと比べると、本当に大したことではなかったと思いました。

偉すぎたお父さんを一生忘れません。

親戚は皆私の手を繋いで、『瑠沙ちゃん、お父さんの面倒を見てもらって、有難うございました。』と言いました。

本当にこちらこそ、お世話になりました。できる限り、お父さんの傍にいたかったです。

励ましてくれた日本の友達、台湾の友達、有難うございました。私は悲しかったけれども、お父さんの影響で心が強く成長しました。これからも心にお父さんがいるので、今まで以上に日本の生活を頑張ります。


IMG_title2621.jpg

多桑的通夜(9/5),火化和告別式(9/6)已平安無事結束了。

哭了很多次,還是不願相信那麼好的人已經化為白骨...

婆婆,弟媳,叔叔,阿姨.....所有親戚都好不捨。。

婆婆把我這1年半以來寫給公公的所有卡片一起和公公火化,永遠陪著公公。

公公通夜,告別式的靈堂前也是放著我親手做的湯圓和白飯。生前公公愛吃我的料理,走後依然是吃著我做的料理,現在每天早上祭拜公公的也是我煮的早餐(飯)。

後續還要陪婆婆,老公處理公公的後事,所以廣大讀者的關心留言還沒辦法回覆,先跟大家說聲抱歉。等平靜一些一定好好感謝大家。

我很好,也很認真學習日本家人跪在親友面前答禮。雖然現在腰痛的挺不直,腳也很痠,但是我還是盡力做到最完美。

婆婆,老公,公公,婆婆的所有兄弟姊妹,全部拉著我的手說,【謝謝妳,瑠沙醬,那麼照顧多桑。】

我真的沒做什麼,只是想多讓公公最後身心不要痛苦而已。

等一下還要到多桑的醫院謝謝醫護人員的照顧。

先寫到這裡,不管是認識還是不認識的朋友,我都謝謝你們。謝謝!

無料カウンター



関連記事
スポンサーサイト

関連タグ : お父さん, 膵臓癌, 闘病日記,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryuusasiotuki.blog109.fc2.com/tb.php/880-31f88f26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。