【旦那さんとの旅行】 京都の旅-1 世界文化遺産『銀閣寺』

ここでは、「【旦那さんとの旅行】 京都の旅-1 世界文化遺産『銀閣寺』 」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久しぶりにブログを更新しました・・

3月20日(火曜日)は日本の祝日--春分の日でした。旦那さんの会社は四連休だったので、一か月前にもう京都の旅行を計画しました。旦那さんは私を連れていくために、わざわざ京都の旅行ガイドブックを買ってきました。旦那さんは旅行に行くたびに、旅行の雑誌を買ってきて研究します。私はなにもしなくてもいいです。

3月17日の夜中1時半に起きました。私たちは3時間しか寝ませんでした。2時半に出発して、長い旅が始まりました。もちろん新幹線のほうが便利ですけど、節約のため、車で行くことが決まりました。

6時間がかかって、朝8時半にやっと京都に着きました。旦那さんは花粉症のため、目が痒くてしょうがなかったけれども、頑張って全部自分で安全運転しました。有難かったです。今日は一日雨で、ちょっと残念でしたけど。

先にホテルについて、車を止めました。それから京都の旅も始まりました。

もちろん、一番は銀閣寺です。ホテルから京都駅まで歩いていきました。それから、市バスに乗りました。市バスのチケットは一回で220円ですけど、一日券は500円だけで、乗り放題なので、一日券を買った方がいいでしょう。乗り間違えても構りませんから。得でしたね。


市バス

京都駅の市バス路線はABCDに分けました。銀閣寺へのバスはD1またはD2で乗れます。一日券は自動券売機で買えますし、バスの中で、ドライバに頼んでも買えます。とても便利です。


一日劵正面


裏面

私は台北で市バスに乗る時に、いつも前と後ろのドアが一緒に開きます。私はどこから入るか本当によくわかりません。乗車の時と下車の時といつかお金を払うかって全然分かりません。前の人はどうやってするかって見ながら真似るだけです。とても困ります。

でも京都の市バスに乗る時に、私はよく観察しました。バスが止まったら、前のドアだけ開きます。日本の場合は下車の時にお金を払います。だから、後ろのドアが絶対開きません。バスがバス停に入って、その前にもしほかのバスがまだ止まっている状態だったら、2台目のバスはただ前のドアが開き、後ろのドアが開きません。バス停に入ってから、また後ろのドアを開けて、乗客がその時乗車します。とても秩序があります。尊敬します。

『銀閣寺』(慈照寺)
ぎんかくじ (じしょうじ)

室町幕府(むろまちばくふ)の8代将軍、足利 義政(あしかが よしまさ)が造営した別荘・東山殿が始まりで、現在は臨済宗相国寺派の禅寺となっています。落ち着いたたたずまい印象深いです。銀閣寺と呼ばれることが多いが、正式名称は義政の法号に由来した慈照寺です。

IMG_202856.jpg




IMG_1226.jpg
今日はずっと雨が降っていても、そんなに寒くはありませんでした。

IMG_1233.jpg
バスを降りて、銀閣寺への道路。とても静かで、リラックスできる感じがしました。東京の風景と全然違います。

IMG_182853.jpg

IMG_111237.jpg
銀閣寺に着きました。

IMG_131239.jpg
参道の銀閣寺垣は現実世界との境界『きょうがい』を表す

必見1

観音殿(銀閣)
かんのんでん(ぎんかく)
IMG_143051.jpg

上層の仏堂『潮音閣』と下層の書院造『心空殿』の二重構造からなる建物で、室町期のものとしては唯一現存の楼閣庭園建築と言われる。2010年春に、屋根や全体の修復が完了しました。

銀閣寺は本当に綺麗です!

IMG_1240.jpg

必見2

銀沙灘・向月台
ぎんしゃだん・こうげつだい

IMG_152859.jpg

月の光を反射させるために作られたというストライプ模様の銀沙灘と、東山に上る月をここで待ったといわれる向月台は、現代人の感性にも響くアートな砂盛り。向月台は高さ1.8mもあります。

IMG_3024.jpg

不思議な砂風景、すごく綺麗!
IMG_2861.jpg

IMG_1242.jpg

必見3

東求堂
とうぐどう

IMG_172871.jpg

阿弥陀如来を祀る阿弥陀堂で、義政の木像も安置する。部屋の一つの同仁齊は現存する最古の書院造で、義政の書斎として使われていた。年に2回の特別拝観時や、20名以上の団体予約で見学可能。

IMG_2862.jpg
どこでも綺麗です。

ただ東求堂の写真は近く撮りませんでしたのでちょっと残念でした。

IMG_2869.jpg
私は五円があればきっと投げて祈ります。

IMG_3040.jpg
音楽 才能 福徳の神





関連記事
スポンサーサイト

関連タグ : 京都の旅, 世界文化遺産, 銀閣寺, , 慈照寺, 足利, 義政, 書斎, 室町幕府,

コメント
この記事へのコメント
こんにちは。ユートラベルノートと申します。
ブログ楽しく拝見させていただきました。

ユートラベルノートは、いろいろなブログや現地の旅行情報を集めたサイトで、たくさんの方がクチコミを共有したり、意見を交換できる場所です。
今後ワールドトラベルノートとして、世界中の情報を集めていく予定です。
是非この貴重な情報が詰まったブログをユートラベルノートに登録していただき、情報を必要とされているたくさんの方に広めていただけませんか?
よろしければ是非一度ユートラベルノートに遊びに来てください!!

↓ご質問などは…
contents@utravelnote.com
↓イベントも進行中です!!
http://www.utravelnote.com/member/gather/blogPermitForm.html
2012/03/22(木) 14:03 | URL | ユートラベルノート #OBzwGOnI[ 編集]
おはようございます。こちらは朝から雨です。
雨の銀閣寺、情緒がありますね。
桜が咲き始めると人が多くなりますから、丁度良い時期ですね。 瑠沙さんが台湾から帰って来られ旦那様も一心、楽しい旅行だったでしょうね。

学生時代、京都にいましたが、金閣寺も銀閣寺行ってません。瑠沙さんのブログを見て、銀閣寺に行きたくなりました。
2012/03/23(金) 06:48 | URL | おば A #-[ 編集]
おばAさん、お久しぶりですね。v-433
台湾から帰ってきて、全然休まずに、また旦那さんと一緒に銀閣寺に遊びに行ってきました。すごく疲れたけれども、とても楽しかったです。台湾⇒日本⇒群馬⇒京都・・私はよく走れましたね。笑
京都は本当にいいところです。何処へ行っても驚きました。そんなに綺麗なところがあるなんて信じませんでした。一時旦那さんは京都の出身の人が良かったなあと思いました。そうしたら私は毎日遊べますから。^^
次回は長野県に遊びにいくつもりです。おばAさんは確か広島県にお住まいでしょうね。京都までやっぱり遠いですか?でもね、是非行って見てください。行く甲斐がありますから。
2012/03/23(金) 08:07 | URL | 汐月★瑠沙 #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryuusasiotuki.blog109.fc2.com/tb.php/963-d0c6e6e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。