【旦那さんとの旅行】 京都の旅-2 世界文化遺産『金閣寺』 どこから見ても美しい金閣寺!

ここでは、「【旦那さんとの旅行】 京都の旅-2 世界文化遺産『金閣寺』 どこから見ても美しい金閣寺! 」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


金閣寺
きんかくじ

もとは『日本国王』と認められた将軍・足利 義満(あしかが よしみつ)が造った迎賓館。テーマは極楽浄土です。金キラキラだけどシンプル。潔くてカッコいい。当時の栄華が理屈なしに伝わってきます。


金閣寺原本是由被視為『日本國王』的將軍足利 義満所建造的迎賓館。題目為極樂淨土。雖然金碧輝煌但是卻又極為簡樸。大膽纖細的設計相當漂亮。也可顯示出當時的富貴與榮華。

落ち着いた銀閣寺を散策してから、またバスに乗って、ずっと憧れていた金閣寺に来ました。今日はまた竜安寺、二条城に行くので、やはり一日券を買った方が得。

金閣寺に着きました。





金閣寺の正式名前は鹿苑寺(ろくおんじ)

応永4年(1397年)、室町幕府3代将軍の足利 義満(あしかが よしみつ)が造営した別荘・北山殿を起源とする。正式名称は鹿苑寺(ろくおんじ)といい、義満の死後、臨済宗寺院に改められた。北山文化を象徴する建築・舍利殿(金閣)は、1層目が寝殿造、2層目が武家造、3層目が禅宗仏殿造という構造の異なる3層構え。鏡湖池の水面に映える姿や、夕日の下で燦然と輝く姿、紅葉に染まる秋や雪化粧の冬など、時間帯や季節によって変わるその表情も魅力的。

金閣寺因為舍利殿「金閣」特別有名,故被稱為金閣寺。而其真正的名稱為鹿苑寺,是臨濟宗相國寺派的禪寺。
在鐮倉時代,這裡原本是西園寺公經的別墅,叫北山第。室町幕府的第3代將軍足利 義満對此地情有獨鐘,在應永4年(1397年)得到西園寺家的轉讓後,建造了山莊北山殿。
而以金閣寺為中心的庭園,建築則被稱為是極樂淨土世界再現於人世間。
此處,不僅迎接過後小松天皇(一休禪師之父),並且與中國(明國)也有過頻繁的貿易往來。這時期的文化又稱為北山文化。
義滿死後,遵照他的遺言,夢窗國師作為開山國祖(第一代方丈),取義滿的法號鹿苑院殿中二字,命名為鹿苑寺。
1994年被載入世界遺產。




五用心


必見1

舎利殿(金閣)
しゃりでん(きんかく)


2層目と3層目に金箔を纏った舎利殿は、そのきらびやかな姿から金閣の名で世界的に知られている。昭和25年(1950年)に焼失したため、現在見られるのは昭和30年(1955年)に復元されたもの。



第2層和第3層都裹著金箔的舍利殿,以閃耀的光芒金閣廣被世人所知。昭和25年(1950年)因為燒掉了,現在呈現在大家眼前的是昭和30年(1955年)所被複元的。



























本当にどこから見ても、美しくてたまりませんでした。特に鏡湖池の水面に映える姿が素晴らしい限りでした。

必見2

夕佳亭
せっかてい


夕佳亭の名前は、「夕日に映える金閣寺が佳い」という意味から名付けられた。



夕佳亭は、かつて茶人たちが金閣を眺めながら茶道を楽しんだ場所。

必見3

龍門滝
りゅうもんのたき



中国の故事「登竜門」から名前が付いた高さ2.3mの滝で、流れ落ちる水の真下には鯉を模した鯉魚石が置かれている。滝を登り切った鯉が龍に変身するという故事にちなみ、出世祈願や合格祈願に訪れる人も多い。

這瀑布是從中國的故事「登龍門」而來,高2.3公尺,在落下的瀑布正下面放有一塊仿照鯉魚所做的鯉魚石。因為這故事是說,鯉魚爬到瀑布上後變身成為龍,所以現在來這裡祈求出人頭地,或是考試合格的人也很多。




白蛇の塚





綺麗な金閣寺、また来ます。

関連記事
スポンサーサイト

関連タグ : 京都の旅, 世界文化遺産, 金閣寺, 鹿苑寺, 白蛇の塚, 鯉魚石, ,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryuusasiotuki.blog109.fc2.com/tb.php/964-e7d057dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。